サイヴァリア ミディアムユニット

全体的な話

ステージは難しいめのを全部選択していく方針。稼ぎは必要最低限。

 

弾にかすり(BUZZ)続けると無敵が発生するので、ひたすら無敵時間と無敵回数(レベル)を伸ばしていく有名なゲーム。シリーズにMU、R、2がある(最近出たデルタはMUとRのリマスター版)。リアセンブルというソシャゲも出たが流れ星のごとく一瞬で塵となって消えたので割愛。

 

R、2はステージ条件にレベルが含まれるが、それ以外にもショット威力向上効果もあるのでMUでも程々に稼いでいく。

f:id:mirror_stg:20181111210021p:plain

ゲージを見忘れてよく事故る。

 

またBUZZ範囲がでかくなるローリング中は自機が遅くなるので、無敵中はローリングボタン(CS移植のみ?)を軽く連打するのに留めるといい。ローリングはボタンを離してもすぐには止まらない。(ただ実際に効果があるのかは未検証。)

 

雑魚は攻撃パターンが全部同じなので、何がBUZZりやすいかをしっかり記憶しておくとうろ覚えでも何となく進める。ボスはレベルが上がりにくいから稼がず瞬殺。

 

続きを読む

ツインビー

全体的な話

往年の名作。まだジャンルの名のごとく狙って撃ち落とすタイプのゲームがが多い中、強力な自機で大量の雑魚を撃ち落とす爽快感を重視したゲーム。これと初代グラディウスを同年にリリースしたというのだから当時のコナミは凄まじい。

 

3wayのベルと緑の分身は両立できない点に注意。

また分身すると赤のシールドも出なくなるので、取るならシールドをとってから。

3wayと分身は一長一短だが、個人的には分身のほうが好き。

f:id:mirror_stg:20181102234710p:plain

85年とは思えぬ超火力と爽快感

 

被弾して両腕がもげたらすぐにリカバリーがくるが、2回目が来るのは1面分のタイムラグがかかる。

また片腕だといつまでも回復できない。

 

続きを読む

キャプテントマディ

全体的な話

NEOGEO x VISCOという正負の掛け算のようなコラボレーション第2弾(初代はアンドロデュノス)。

その実態はツインビーダーウィン4078を足して100で割ったような、限りなく無に近い存在。

驚くべきことにカンスト指南サイトが存在したため、書くことがほぼない。

 

ある意味100メガショック キャプテントマディ

 

システム的に補足すると、

・人参より植木鉢のほうが処理落ちしやすい。

・ベイビーで薬をキメると羽トマトになる。

という点から、基本は植木鉢を目指し、もし途中で被弾したらリカバリーして人参を目指すのがいい。

 

分身時の移動速度ズレを防ぐため、サブ機はデフォのままにしておくのが安全。

f:id:mirror_stg:20181027010800p:plain

基本フォーメーション

 

続きを読む

SSミッション

XXミッションはこれの前振り。

 

全体的な話

連付きの話。

このゲームはNMK作 雷龍のデッドコピーである。

f:id:mirror_stg:20181019224906p:plainf:id:mirror_stg:20181019225004p:plain

左が雷龍、右がSSミッション。

装備の種類が全く同じで、高威力広範囲だけど連射が全くきかないミサイルも完備。

 

雷龍ですら雷電のオマージュなのに何故このゲームをパクったのか理解不能だが、困ったことに難易度まで雷龍をコピーしてしまっている。

f:id:mirror_stg:20181019230132p:plain

1面開幕の雑魚戦車から8wayの撃ち返しが飛んでくる。

しかも弾が横スクロールに合わせて曲がる系なので非常に避けづらい。

 

ボムは典型的な全体弾消しだが、自機無敵+無敵維持中に次のボム発動可能という特性がある。これは後半の攻略で非常に重要(後述)。

 

なお青と緑は超低威力なので使用する場面はまずない。

続きを読む

XXミッション

全体的な話

何の変哲もない対地付STG

システムもほぼ見たまんまなので説明不要。

唯一わかりにくいとすれば翼の開閉の仕様で、ショットを撃たずに上移動または下移動で開閉して、パワーアップに応じて攻撃が変わる。

なお画面最下部でレバーを下に倒しても両翼は開いてくれない。

 

f:id:mirror_stg:20181013095657p:plain

たまにある隠しアイテムの位置を覚えておくと幸せになれる。

アイテムの接触判定は結構遅く、上部に余裕を持って出さないと、パワーが欲しくても点アイテムを取るだけになってしまうこともしばしば。

 

赤雑魚は固定ルートで動き、青、白は自機位置をみて動き方を変えていく。

 

続きを読む

雷電V ディレクターズカット

Steam版です。

全体的な話

今までと違い体力ゲージ制なので

・死んでも装備がリセットされない

・死んでもボム数がリセットされない

・最大数以上残機を持てない

など違いも多数あり。体力はしこたまあるので、ボムらず粘るのも手。

 

自機はバランスのとれたAZUMAが一番使いやすい。

装備は

赤:スイングバルカン一択

青:ライトニングレーザーかリフレクトレーザー

紫:キャッチプラズマ一択

で決まり。青はリフレクトレーザーのほうが強いだろうが、パターン構築にやや時間がかかると判断してライトニングを使った。

f:id:mirror_stg:20181008010732p:plain

この赤、レーザーを5本同時に扇状で垂れ流してるのと変わらない威力。

 

チアーアタックはボムと似た感覚使えるが、弾消し時間が短いため同じパターン通りには行かないのに注意。

 

また真ボス到達条件が全装備フルパワーなので、道中は装備をバランスよく取っていく必要がある。

 

続きを読む

阿修羅ブラスター

全体的な話

連付き1周の話。

簡単なので特に攻略もいらないと思われる。

見た目がまんまアレなとおり、青がオススメ。威力面を考えると緑も悪くないけど真正面の死角が案外バカにならないので、やはり青。

f:id:mirror_stg:20180930215252p:plain

緑は真正面がスッカスカ。

 

ボムは広範囲に広がるFIRE WAVEがおすすめ???(他を試す前に終わったからわからない...)

 

続きを読む