1945kIII

全体的な話

かの名作、ストライカーズ1945シリーズ幻の続編・・・ではなく韓国産パクリ系STG。韓国シューは基本パクリ一辺倒で、初期は東亜、中~後期は彩京シューのまんまパクった内容な作品がほとんど。

面構成はもちろん彩京シューと同じくランダム面x4+固定面x3。ただし機体で固定される?

f:id:mirror_stg:20200724104002p:plain勲章システムもそのままで、タイミングよく取ると高得点。

敵機との接触はPダウンではなくゲージダウン。

使用機体はイタリア。ホーミングが無難で使いやすい。溜め撃ちもそこそこ威力があるが、外すと爆風が展開せずにぶっ飛んでいくので注意。

続きを読む

超鉄ブリキンガー 6B

全体的な話

鉄仮面共和国に正義の鉄槌を下すSTGの4ルート目。ゲーム仕様の詳細は4Cの記事を参照あれ。f:id:mirror_stg:20200621174834p:plain今度はいよいよ本丸、鉄仮面共和国の皇帝を狙う。プレイ時間も全ルート最長。

進行ルートは2A->3A->4A->5B->6B。

自分は最後の6A攻略を考えて別ルートを開拓したが、6Cとほぼ同じルートにしてもOK。

補足すると、

3B: ボスが強い。

5A: かなりムズい。5Bと違い[E]が出現しない。

ので、上2つを回避できればOK。f:id:mirror_stg:20200621175232p:plain2B->3C->4B->5B->6Bでも問題なし。

続きを読む

超鉄ブリキンガー 6C

全体的な話

鉄仮面共和国に正義の鉄槌を下すSTGの3ルート目。概略は4Cルートの記事を参照されたし。

f:id:mirror_stg:20200607173818p:plain6Cルートは鉄仮面共和国の最終兵器を攻める。

攻略順は2B->3C->4B->5B->6C。4C,5Cの順に攻略していれば流用がきくルーティング。

やや難易度が上がるが、2A->3A->4A->5B->6CでもOK。こちらだと6A攻略に流用がきく。

続きを読む

ターボフォース

全体的な話

ビデオシステムの節制系STG。後のソニックウィングスシリーズ、彩京シューの系譜を感じる原型作だが、難のある要素も多い。難易度はかなり高めで、自機の速度に比して強烈な高速ホーミングがガシガシ飛んでくる。

また一番の特徴として、ショットを一定量発射するとパワーダウンしていく。SWシリーズも同様にパワーダウンするが、こちらは際限なく落ちていくので、ショットを極力絞る必要がある。
f:id:mirror_stg:20200705164239p:plain垂れ流しているとlv4まであっという間に落ちる。lv4で死ぬと更にlvが落ちる。

更にノーミス(orパワーアップ取得数?)でのランク上昇が激しく、敵の硬度まで増す仕様。上のパワーダウンと相まって、残機潰しを行わないとボスがまともに倒せなくなる。

ただ適当に死ぬとミスによるパワーダウンが痛いので、残機を潰すのはPが出る直前で行う必要がある。

 

?は3種あり、

爆撃:よく出る。弾消しまでかなり時間差があるので注意。

POW:あまり出ない。効果時間小だが、画面少し先の敵もパワーが出てくるようになる。

シールド:あまり出ない。効果時間も長く最強。

ただし?でなくパワーが出ることもあるので、?に頼らないパターン作成が必要。

細かい動きは下記の神動画参照。6面あたりはかなりシビアなので文章では伝わらない。。

www.nicovideo.jp

続きを読む

Drトッペル探検隊

全体的な話

タイトーのタクティカルSTG。グラディス系オプションを扱う非常に単純明快なシステム。自機弾と敵は見た目まんまな当たり判定なので、意外と攻撃が当たらない。f:id:mirror_stg:20200529234648p:plain派手に弾がばら撒けるので簡単に敵を殲滅できるかと思いきや、意外に繊細なオプション操作が必要。※録画の都合で画面が横にずれている。

そのためオプションの方向を正確に操作したいので1速推奨。もちろん上手い人はガンガン上げてOK。
オプション固定が要ではあるが、この状態だと敵弾をある程度吸うと壊れるので要注意。

地形は接触しても死なないが、挟まれると死ぬ方式。

続きを読む

超鉄ブリキンガー 5C

全体的な話

オリーブ畑栽培を営む農耕国を侵略してきた鉄仮面共和国に正義の鉄槌を下すSTG

細かい仕様は4Cルートで書いた内容を参照あれ。5Cルートは鉄仮面共和国の軍港と軍艦を狙う。f:id:mirror_stg:20200607144051p:plain4Cルートと比べると、単純に1面増える分だけ難しくなっている。

続きを読む

超鉄ブリキンガー 4C

全体的な話

連付き。

ザウルスのアケ(予定だった)レアゲー。以前はwiiのVCでプレイできたが、今は再プレミア化してしまった。アーケードアーカイブスに期待しておこう。

BGMは良好、演出やゲームバランスの調整も非常に緻密で、どのルートを通っても非常に遊びごたえのある良作。反面、プレイ中の絵がどうにも地味な上、パターン化必須箇所が多いので取っ付きが悪いのが残念。同じNEOGEOでもセカンドアースグラティアとは真逆の方向性を発揮してると言える。

f:id:mirror_stg:20200606171206p:plain魔法大作戦のようなライバル的キャラもいる。

機体はROGOZARSKI(パワー重視)。自機が貧弱なのでちょっとでも火力を強化したい。

大型雑魚の中には溜め撃ちで倒すとパワーアップや1UPを出す敵もいるので、溜め撃ち撃破を心がける。

メインショットのパワーはlv2(赤炎)までに止めておくこと。モチロンlv3.3が最強なのだが、lv3.0(青炎最小)より、lv2.3のほうが威力が高い。またルートによっては少しでも溜め撃ち破壊に失敗するとlv3.3まで持っていけないため。

ためうちは鉄球一択。火力と弾消しを両立できる攻略の要。

サブショットは状況によりけり。火炎放射がやや多い?

溜め中はブリキンガーがRシリーズのフォースよろしく弾受けできるが、3~4発でピヨってしまう。ピヨったスキは非常に危険なので、さっさと溜め開放を心がけること。

ルートは上のほうが難しく、下のほうが簡単。システムに慣れるべく

4C -> 5C -> 6C -> 6B -> 6A

の順に攻略するのがおすすめ。長くなりそうなので4C以外は別記事で書く予定。

続きを読む