ソニックウィングス3

全体的な話

1周。

ビデオシステムおなじみのシリーズ。ゲーム性はあまり代わり映えはないが、特徴的なBGMが印象に残る(ジャングルというジャンルらしい)。

 

自機は隠し期待を使う。出し方は自機が正面を向いたときにレバーを下に倒すx4。するとジャスト0秒で一番下のイギリス機がタイムアップで自動選択されるが、自機が裏キャラに変わる。

f:id:mirror_stg:20190824221541p:plainなお2Pで同じことをやると、ターボフォース機になる。

 

パワーアップするとサブが貫通化して、逆に張り付きの威力が落ちる?

 

ボス後の敵翼の破壊でルートが決まる。左右右が最適と思うが、そこまでプレイを重ねていない。。

続きを読む

ゴーストパイロット

全体的な話

連付き。

ネオジオ初期にしばしば見られるキツい系STG。見た目は横画面にした飛翔鮫だが、実際のゲーム性はかなり違う。

全体的に鈍重な展開が長時間続く。総プレイ時間は1時間ちょい。

f:id:mirror_stg:20190824171139p:plain背景も代わり映えのない展開があり、出現パターンを覚えにくい。

 

小型雑魚は倒すと次々にお代わりで補充され、常に絶え間なく攻めてくる。出現位置も自機から離れたところから出てくるので、ショットを重ねて瞬殺ができない。またこいつらの挙動は面によって違い、中にはかなりエグい攻撃になるものもある。

ステージは1面地上→1面空→地上5面or空中5面を好きな順→ラス面空→ラス面地上の順で行う。空2面はボムを大量に回収できるので、ラスボスが強い地上ラス面のあとに回すのがオススメ。

またボムは1面、地上面、空面、ラス面でそれぞれ2種or3種から選択できるが、緊急回避性能と威力面で一番安定しているデフォボムがオススメ。空ボム、地ボムは強いのだけど如何せん発生がおそすぎる・・・。

 

なお、星アイテムは5個集めるとボムが1個追加される。

続きを読む

ネビュラスレイ

全体的な話

連付き。

ナムコの実験的縦シュー。ゲーム的には非常にシンプルというか地味というか特徴のない内容だが、演出面に非常に気合が入っている。

f:id:mirror_stg:20190807221250p:plain当時の3Dレンダリングは珍しい。

 

装備はどちらかというとGのほうが使いやすいか?

 

時間制限のサブはボス前はL一択。それ以外はFあたりが良い。ドギューンレーザーのHは威力に難あり。

 

スピードの段差はわりとグラディウスに近い。自分は2速が好き。

続きを読む

ステッガー1

全体的な話

連付き。

後期韓国シューのひとつ。ゲーム性は語ることのないない程度に劣化彩京シュー。同アフェーガ作のガーディアンストームはまだ買い物システムで、オリジナリティとは言えないまでも趣向を凝らしたところがあったが、こちらは完全にデッドコピーレベル。

 

しいて特徴を挙げるなら特定キャラのバランス崩壊バグだろうか。

チャージショットを放ち、そのまま30連を押しっぱにするとチャージショットが常に出続ける状態になる。f:id:mirror_stg:20190727103412p:plainこの見た目といい超火力といい、空牙のバグを彷彿とさせる。ちなみにアースジョーカーにも似たようなバグがあるがこちらは意図的に残した感がある。

 

真面目にやっても面倒なのでバグで攻略を進める。

 

続きを読む

ガンバード2

せっかく移植されるので攻略情報をおいておきましょ。

全体的な話

20連付き2周。

彩京の中でもゲーム性が苛烈になりだしたと言われている一作。しかし実際の難易度としては、1周目は彩京の中で難しめだが2周目は易しめ。自分が最も頑張ったSTGの一つで稼ぎもそこそこにやっているが、記事にできるレベルではないのでクリア重視の内容にする。

 

とはいえ神が動画で綺麗にまとめているので、これを見れば事足りる。

www.nicovideo.jp

www.nicovideo.jp

機体はタビアを使用。ショットの威力の高さ、自機判定の小ささ、近接の弾消しが長所で、近接威力の低さが短所。次点はアルカード、アインだが前者はボム、後者は攻撃範囲に難あり。クセのなさならマリオンだが火力不足につきタビアに軍配があがる。

彩京は機体ごとの性能差が激しいので他キャラへの応用は厳しい。

 

以下自機性能の詳細。

近接の弾消しは見た目通り自機中央線よりやや右にズレている。f:id:mirror_stg:20190803084632p:plain主に影響するのは6ボス。x軸からこんなにズレていてもアーモンドを2つ消せる。逆に真中央か右よりだと弾が残って死。

 

ショットの威力が高いが、厳密にはサブウェポンのリップルの威力が高い。f:id:mirror_stg:20190803085826p:plainミスしたときはリップルのつくP2まではなんとしてもすぐに回収すること。

ちなみにショットはセミオートだが、このリップルは完全マニュアルなので連射を入れると威力が上がる。とはいえ彩京は時間耐久力制限があるのでゲーム性にそこまで影響はなく、後述の特定条件下で役に立つ。

 

溜め撃ちはlv1だと撃った直後に硬直がなくなるので、近接を同時に当てることができる。瞬間威力はlv2より高い。

f:id:mirror_stg:20190803085027p:plain使用するのは2-4中盤。というかボムでいいのでただの小ネタ。

 

打ち返しは中型機やイタリア面のドクロのような特殊例を除くと、1way、2way自機狙い、左右どちらか30度ほど自機そらしのランダム。

 

以下の攻略では目安として個人的な危険度を入れてある。

A+:脳死ボム確定

A:ボム確定、よっぽど得意なら狙っていいかも

B+:気合があるなら何箇所かパターン組んでもいい程度

B:パターン組めるけど苦手ならボムでOK

C+:できればパターン化しておきたい

C:よっぽど苦手ならボムっていいかも

※もちろんただの目安なのでそれ以外の場所でボムっても全然問題ない。

 

続きを読む

精霊戦士スプリガン

全体的な話

後期コンパイルシュー。ファンタジーと機械の融合した世界観が特徴。これも十分面白いのだが、更にACへ調整したのが後年の名作魔法大作戦。スタッフが同じなので納得の内容。

f:id:mirror_stg:20190724225610p:plainガンメンの原型。他にも元デザがたくさんある。

 

4色3組で装備が決定される。全14種類もあるが使うのは青赤2色染めのみでOK。小さい3wayが見た目に反して威力が高く、周囲の弾消しがかなりの防御力。

 

なお2色染めはどちらの色に寄せても(例えば青青赤、赤青赤)同じ装備になる。スコアエクステンドがあるので装備が変わらない程度にアイテム点を稼ぐ。

 

逆に赤抜きの3色染めが罠武器。連射がきかない、威力が低いの最悪装備。

 

アイテムは取得がFirst In First Outで、ボムはFirst In Last Outなので、もしアイテムを取り違えても比較的装備チェンジはしやすいはず。

続きを読む

宇宙戦艦ゴモラ

全体的な話

連付き。

UPLは存在感の強いゲームが多いが、これもその一つ。敵の硬さに、鈍重なBGMとUPL特有の立体感のあるグラフィック、敵の硬度、独特のシステムに敵のサイズと硬度。何をとってもインパクトが大きい。

攻略は以下の動画がシンプルでまとまっているが、9面は基本仕様を熟知しないとカケラもスパれないほど厳しい詰将棋となる。

www.youtube.com

まず覚えておきたいのが自機の攻撃力。

AUTO BEAM+フルサイズ溜め撃ち

>フルサイズ時の溜め撃ち

>AUTO BEAM+ショット

>ショット+ビーム同時当て

>ビーム

>サイズ落ち時の溜め撃ち

>ショット

の順に威力が高く、ショットは30連ですら最弱でなのに注意。なおフルサイズの溜め撃ちが最強なのは、チャージ速度が早いためである。 

f:id:mirror_stg:20190719235034p:plainAの30連押しっぱの間にタイミングよくBを叩くと2種類同時に当てられ、威力が上昇する。後年だと虫姫さま東方永夜抄ジャッジメントシルバーソードでも使用できるアクション。最適連射速度は要研究。

 

自機はライフカラーによって2段階にサイズが変わるが、被弾時のサイズ縮小時には無敵時間がつき、これを有効活用できるかがキモ。

 

縦に揺れるライフアイテムは真横から接近すると画面端まで逃げるが、2度目は逃げずに取得できる(たまに2回目も逃げるアイテムがある気がする)。さっさと取りたい場合は上or下から近づくようにすること。

 

また経過時間3分で攻撃力が半減する(逆に言うと最初の3分は攻撃力が倍)ため、コンティニューだと敵が脆くなりすぎてパターンが非常に作りづらい。細かいネタは下記サイトを参照されたい。当ブログ名の意味もわかる。

upl-gravedigger.boo.jp

続きを読む