Funzioni con esso!

今週は休む。ココ最近休みが少ないと更新はちょっとキツい。

高速スクロール面の曲は大体アップテンポだから耳に残りやすい気がする。達人王ですら3面は(他の面に比べて比較的)テンポが速い。そもそもSTGは全体的にそういう曲調が多いと言われたらそれまでだけど・・・。

ギガンデス

連付。30だと処理落ち+弾切れが頻発するので20連がベスト。

たまにあるショットの方向を切り替える系STG。連射がないとキツい硬さの敵が多いが、戦略性がなかなか高く、打ち込む楽しさがしっかり込められている良作。めずらし
く3way的な方向に傾けることもできる。

 

f:id:mirror_stg:20190323164130p:plain

同年代の鮫鮫鮫にも負けず劣らずの攻撃力。

 

装備はミサイルの強化が一番汎用的。レーザーも悪くないがノーマルで進んでも悪くない。同じ装備を3つ以上つけられない点には要注意。装備の付く場所は取った自機の位置で決まるが、意外とシビアなので軽く気をつけること。変化型はあまり大差ないため気にする必要ほぼなし。

 

続きを読む

ブレイブブレイド

●全体的な話

おそらくライジングの中で最も地味なゲーム。

ガチ避け重視のゲーム性はまさにライジングの真骨頂という感じだが、テンポが良すぎるためか非常に印象に残らない内容となってしまっている。

 

近接とショットで自機の性質が大きく変わるのが最大の特徴だが、多くの近接有STGの例に漏れず攻撃力が高く耐久のある近接以外はあまり使わない。

f:id:mirror_stg:20190316224638p:plain

被弾しても即死しない、火力が高いとあっちゃ取る選択肢は一つしかない。

 

自機は前方射程の長さとスキが小さいローゼリッタが使いやすいと思う。好みでキースでも可。

近接をひたすらぶん回すので、自然と勲章が育つ。なのでエクステンドは意識せずとも無理なくできるはず。最後にとった勲章情報を覚えるのはガレッガシリーズと同じなので頭に留めておく。

 

続きを読む

デッドムーン

全体的な話

PCEの有象無象STGの1つ。難易度は低く特徴も薄いお水のようなゲーム。

f:id:mirror_stg:20190309114139p:plain

強いて言うなら見た目までまんまなダライアスなウェーブか。

装備は複数種あるが特に気にしなくても進めるはず。強いて言うなら赤が使いやすいか。ただし同色で取っていかないとパワーアップできない点に注意。

弾が遅いので、弾消しオプションはローリングのほうが仕事をしてくれるはず。

また当時のSTGとしてよくある装備=シールドとなっているので1発もらうと装備も落とされてきつくなる系。

 

続きを読む

飛鳥&飛鳥

全体的な話。

連付き。

タイトー玉石混交の中の石側にあたる一品。Wikipediaで重大なネタバレタブにハイドさ先にただ一言"このゲームはクソゲーである"と書かれていた前科は伊達ではない。

最大の(悪い)特徴として、横スクロールが非常に特殊。普通は自機移動に合わせて常に画面サイズに比した速度でスクロールするが、このゲームは端までよらないと横スクロールが始まらない。つまり出会い頭の体当たりや弾を非常に受けやすい。

f:id:mirror_stg:20190302150121p:plain

ここまで寄って初めて右に画面がスライドしてくれる。

他に特筆すべき点はあまりなく、全体的に単調な展開が続く。難易度が低めなのが幸い。

 

続きを読む

アレスの翼

●全体的な話

1周のみ。

カプコン作ファンタジーSTG(+ACT)。まだゼビウスに引きずられつつも面白さを模索している時代の典型のようなゲーム。横ACT面と融合して色々な構成を楽しませようとしたが、残念ながらどちらも中途半端になった感が否めない。

f:id:mirror_stg:20190223220103p:plain

炎はショットを当てると見た目大きくなるが、実際の判定は同じ。というか初期サイズだと判定がでかすぎる。

 

穴にはボーナス面もあるが、スコア以上の旨味があまりないのですべて無視していく。

3wayは連付きだと弾切れを起こしやすいので注意。右に曲がるだけの単ショットになってしまう。

続きを読む

ドラゴンセイバー

全体的な話

連付。

ナムコの超名作ドラゴンスピリットの続編。全体的な難易度は高いがグラフィック、ゲーム性、BGMどれをとってもハイレベルな水準に収まっている。(ただし連なしだと死ぬ)

f:id:mirror_stg:20190215204944p:plain

神がかったBGMと鬼のような猛攻。

 

前作と違い、対空と対地は同時に出せ、連射はA,B両方につけていい(ただしBは弾切れが怖い)。

装備の順位は最優先で黒、なければ白、あとは状況に応じてという程度。

黒は通常ショットが高火力、溜め撃ちが超範囲(というか画面全体)、小判定の三拍子そろった性能で、黒を使うのを前提とした難易度調整になっている。白はデカいが火力と範囲はキープできるので次点。

ただ絶対に黒が必要というわけでもなく、ちゃんとパターンを組めばどの場所でも現実的な復活難易度になっている。

 

1UPの欠片は運。祈るしかない。

 

またAB押しながらゲームスタートするとドラスピのアレンジにBGMが変化する。個人的にはドラセイオリジナルのほうが好きだが、両方聞く価値あり。

 

続きを読む